Macrobiotic(マクロビオティック)について

2007-12-03 yume マクロビオティック | |

Macrobiotic(マクロビオティック)とは、

基本的に卵や乳製品、精製された砂糖や穀類を一切使用しないお料理のことです。
肉は食べないけれど、魚は少しだけ食べ、
砂糖の代わりにメープルシロップを使ったりします。
主に玄米や新鮮な野菜や豆などの植物性食材が中心となります。
(動物保護や宗教的な無念には基づいておりません)
簡単に言ってしまえば「健康食」です。

ジャンル:

関連するお話

  • Macrobiotic(マクロビオティック)の原則②
     2.「一物全体(いちぶつぜんたい)」一つの物を丸ごと食べるという意味です。穀物や野菜は全体として栄養が調和しているという考え方に基づき、野菜の場合は皮や根、芯、アクまで含めて摂り、穀物ですと皮や胚も食…

  • Macrobiotic(マクロビオティック)の原則①
     1.「身土不二(しんどふじ)」地元でできた季節のものを食べます。日本語で「身」=体、「土」=環境、「不二」=バラバラではないつまり、体と環境が調和できるように食べるということです。夏に出来る野菜は、人…

  • Macrobiotic(マクロビオティック)の語源
     マクロビオティックの語源ですが、いろいろな説があります。(「マクロビオティック」wikipediaもご参照ください)古代ギリシャ語で「マクロ」=大きい、長い。「ビオ」=生命。「ティック」=術や学。という意味からき…


RSS 2.0

AddThis Social Bookmark Button

コメントはこちらへ