赤ちゃんの体質作りは妊娠前から

2008-01-22 yume 妊娠について | |

お腹の中の赤ちゃんはママの子宮の中で、羊水に守られながら大きくなっていきます。妊娠12週くらいから、ママのへその緒を通して血液を送ってもらうようになり、そこから赤ちゃんの細胞がどんどん造られていきます。

子宮は赤ちゃんを安全に育てるための器であり、羊水はすべての情報を赤ちゃんに伝える役割をしています。あたりまえのことですが、赤ちゃんが生きていくためのすべてをママが握っているわけですね。

ママの子宮も羊水も血液も、もとをたどればママが毎日食べているものから出来ています。普段、無意識に食べている食事が、とても重要です。赤ちゃんのことを思うならば、出来るだけ良い状態の血液を赤ちゃんに送ってあげることが最大のプレゼントだと思います。

赤ちゃんの一生を左右する健康な体質作りは、生まれる前からとっくにはじまっています。

ジャンル:

関連するお話

  • 妊娠する前に生活を見直しましょう
     私は家族と離れてアメリカで学生生活を送り、とても食生活が乱れていました。今思うと、食品添加物を大量に摂取し、栄養バランスは完全無視。それでも10代でしたから体調を崩すこともなく過ごしてきましたが、確か…

  • 妊娠は奇蹟
     妊娠生活って、十月十日といって約9ヶ月間なんです。この間、赤ちゃんは驚異的なスピードで細胞分裂をしたりして、生きものの進化の歴史をかけぬけるわけです。そして人間として生まれる準備をするんですね。最初は…


RSS 2.0

AddThis Social Bookmark Button

コメントはこちらへ