妊娠する前に生活を見直しましょう

2008-01-22 yume 妊娠について | |

私は家族と離れてアメリカで学生生活を送り、とても食生活が乱れていました。今思うと、食品添加物を大量に摂取し、栄養バランスは完全無視。それでも10代でしたから体調を崩すこともなく過ごしてきましたが、確かに便秘や肌荒れ、生理不順はありました。ということは、体の内側は汚れていたということですね。つまりきれいな血液じゃなかったと言えます。

しかし、結婚して「子供がほしい」と思ったときに、このままの食生活ではいけないと気がつきました。私が作った食事で家族の体が造られると思うと、さすがに責任を感じ、もう自分だけの問題ではなくなってしまいました。ですから、昔から今のような生活を送っていたわけではないんです。

妊娠すると、お腹の中の赤ちゃんはママの血液から栄養をもらって大きくなります。そこから赤ちゃんの細胞がどんどん造られていきます。このライフラインである血液が汚れていては、元気な赤ちゃんをこの世に送り出すこともできなくなってしまいます。責任重大ですよ!喫煙なんてもってのほか!

妊娠する前に、今の生活を見直してみてくださいね。後で後悔しないように。

ジャンル:

関連するお話

  • 赤ちゃんの体質作りは妊娠前から
     お腹の中の赤ちゃんはママの子宮の中で、羊水に守られながら大きくなっていきます。妊娠12週くらいから、ママのへその緒を通して血液を送ってもらうようになり、そこから赤ちゃんの細胞がどんどん造られていきます…

  • 食品添加物と不妊に関係について
     最近は、子供ができないという話をよく耳にします。私はあまり好きな言葉ではないのですが「不妊症」と言いますよね。私の周りでは、一人目はできたのに二人目がなかなかできないという「二人目不妊」が多く、病院へ…

  • 妊娠は奇蹟
     妊娠生活って、十月十日といって約9ヶ月間なんです。この間、赤ちゃんは驚異的なスピードで細胞分裂をしたりして、生きものの進化の歴史をかけぬけるわけです。そして人間として生まれる準備をするんですね。最初は…

  • なぜ食品添加物が増えているのか?
     どうして食品添加物が増えているのでしょうか?2002年に、外国で使用が許可されているけれど、日本では許可されていない添加物が、不正に使用されたという事件が発覚しましたよね。(協和香料事件・フェロシアン…

  • むくみや妊娠線は絶対イヤ!おすすめ予防グッズ
     妊婦さんが気になる「妊娠線」や「むくみ」意外と悩んでいる方が多いですよね。マタニティライフを快適に過ごせるよう工夫したいものです。ポイントは早め早めのケア。ちなみに私は腹囲が100センチを超えましたが…

  • 食品添加物が気になりだしたのは・・・
     私は学生時代、右手にコーラ、左手にハンバーガーという生活を送っていました。アメリカの大学生だったもので。笑私の母は料理教室の先生で、食に関してはうるさい人間です。また、妹も料理好きでエコな人間でした。…

  • あぶない食品添加物って?
     発がん性、環境ホルモン、アレルギーが心配される添加物は、いろいろありますが、代表的なものをあげておきますね。ADI(一日許容摂取量)以下でも影響が出る可能性があると言われていますので、できるだけ避けたいも…

  • 食べ過ぎている食品添加物
     知らず知らずに体の中に入ってしまう食品添加物。では、ついつい食べ過ぎてしまっている食品添加物にはどんなものがあるのでしょうか?★硝酸塩硝酸塩は加工食品より、野菜からの摂取量が多くなっています。植物は窒…

  • 食品添加物の安全性は?
     食品添加物や農薬などは、一生食べ続けても健康に害がでない量を「ADI(一日許容摂取量)」が決められています。マウスやラットに一生涯その物質を食べさせて(慢性毒性試験)、影響がでなかった量に安全係数100分…

  • なぜ食品添加物を使用するのか?
     みなさんが普通に食べているものにも、必ずといっていいほど食品添加物が含まれています。では、なぜ食品添加物を使うのでしょう?食品添加物は、じつに様々な目的で使われています。食品の品質を補うために安易に使…

  • 妊婦さんは電磁波に気をつけて!
     小さいお子さんや妊婦さん(胎児も含めて)は電磁波の影響を受けやすいと言われています。だから、私も気をつけているのですが(現在、妊娠中です)全然気にしていない方も中にはいらっしゃいますね。アメリカでは、…


RSS 2.0

AddThis Social Bookmark Button

コメントはこちらへ